買取り屋さん情報ウィキ/Wiki
車買取比較・中古車査定 相場研究所
TOP PAGE > Gulliver(ガリバー)

Gulliver(ガリバー)

 もはや知らない人はいないのでは? ・・・と、思うほど、とにかく知名度の高いクルマの買取り屋さん

  「ガリバー

インターネット査定  無料査定  全国対応  有名大手

どんな買取り屋さん?

 ガリバーは、消費者から直接クルマを買受ける専門事業の創始者的存在の一社であり、 (※ ガリバー創業当時は、街にクルマの買取り屋さんなんか全く見当たらず、むしろ中古車屋さんからは批判ばかり(買取り専門店なんて成功するはずがない と)、、、 といった状態でしたが ^^;)

 もちろん東証一部上場企業で、業界でも最大級規模のネットワークと買取実績を持つ専門業者です。 (※ 一時期は、自社ネットワークでカーオークション会場を持っていたほど。。。 一応今もその名残はあります(ただこれらは、自動車業界の人間にしか分かりませんが))

 豊富、かつ広大な自社ネットワークと、買取り主業という市場動向に敏感な情報力で、中古車を売却するユーザーに対して「最も大きな利点」を提供出来る・・・ とされる、クルマの買取り屋さんの大御所ですね ^^

徹底されたデータ自社管理力

 私も自動車業界20年ですので、身の回りにもガリバー出身の方もちらほらいらっしゃいまして、、、 まあ社内情報まではここで掲載するわけにはいきませんが、ただこれだけは強く強調して言える事がありまして。。。 それは、とにかくデータの自社管理力はかなりのもので、各データベース化も間違いなく業界内トップクラスであろうかと。 つまり何処の誰が査定しても、基本一般的には査定差が出ないようなシステムに徹底し管理されている というわけ。 (※ まあこの辺りの査定システムは、そもそも特許も取得している部分でもあるそうですし)

 という事は!? 良い良い方をすれば ”業界標準” ”買取り屋さん側の一方的な好き嫌いで低レベルな査定がされ難い(※1)” とも言え、しかし一方でイマイチな良い方をすれば ”平均的” な査定が基本的と言えるかもしれません。

※1 中古車の買取り査定って(下取りも含む)、買取りした後は在庫車となり相応の高いリスクが負荷となるため、一定のクオリティ高いシステムなどない限り 一般的には買取り屋さんの好き嫌いや取扱いの得手不得手などで最終的な査定額が調整されるのが常識とも言えるでしょう。 またその調整に関しましても、その買取り屋さんが把握し難い不透明な部分(査定の基準的数値等)が多ければ多いほどその調整額はかなり極端なものともなるでしょう。 【→ これらひとつの現実例等(下取り編)】 つまりその買取り屋さんがその車をあまり欲していなくて、もちろん精度高いシステムも構築されておらず、かつ転売や価値(査定価格)にも確実性高い自信などなければ、、、 必然的に査定価格のレベルも随分と必要以上に(過剰に)低いモノとなるでしょう。

 しかしその査定に係るデータベースの部分がしっかりとしていれば、また相応のクオリティ高いシステムなどあれば 予めそういったリスクなども十分に吟味された適正価格は安定しているものとも言え、つまり一方的な好き嫌い等からくる極端な低レベル査定はほぼ無いであろうかと。

ダイレクト販売が査定に影響する可能性

 尚、ところでここ最近のガリバーは中古車の販売業(ダイレクト販売等)も手掛けておりますが、一応 これら販売側ニーズと買取り価格反映の市場連携につきましては・・・ (※ 販売店側の需要(ユーザーからの「欲しい」という個別注文)に対しての個別査定UPなどの優遇査定 【→ 参考】) まあガリバー店舗は基本、フランチャイズ店舗が大半のようですし、 (※ つまり、お店毎に根本的な経営会社が異なる) またデータ自社管理力の高さゆえ査定の価格基準などは「本部統括」を基本としているようですから、

 少なくとも ”他店でのお客様の「欲しい、買いたい」という個別オーダー需要” に対しての特別優遇査定は正直! 先ずありえない(考えられないと)思われます。 (※ 一応あくまで、車屋さん側として見た私の個人的な考えではありますが)

 つまり、全国規模の販売網ネットワークは あくまでクオリティ高いデータ構築に影響しているだけであって、そのネットワークを通じての いわゆる一台限りの特別優遇査定につながるような影響力までは一切有していないでしょう。 また自社販売も行っているからと言っても、必ずしもそれが上記で言う特別優遇査定に直接紐付くかどうかもほぼ可能性は薄いかな。

 但し! 査定等は「本部統括」でも、経営内部までは「本部統括」なわけないですし、またいくらフランチャイズと言えども〜 各地域にて、何店舗もガリバー店舗を運営しているような会社だって実際に存在しておりますから、一応それら優遇査定の可能性は、完全とまでは否定も出来ませんが。。。 (※ さすがにここまでの内部事情とまでなれば、私が知れる限度を超え 把握しきる事も出来ませんので、まあこの辺りもあくまで私の個人的予測の範囲でしかありませんが)

 ちなみに、査定システムで特許を取っていたり〜 査定価格算出業務での「ISO9001」取得など・・・ ガリバーの持っている「中古車査定」に関するレベル高いノウハウや独自システムと、こういった全国各地に広がるガリバーネットワーク、転売網、加えオートオークション会場との連携、、、 そういった巨大ネットワーク等から蓄積される相場データや市場データなどの大きな情報量とが、これら相乗してはじめて成り立ち来るであろう集大成でもある「ガリバーの査定価格」。 実際車屋さんの私から考えても、これら本当に非常に興味深く、もちろんこれほど参考性の高い結果は (※ 買取り価格の比較上も〜 下取り価格の参考上も〜) 色々な意味でもなかなか他に類は見ないであろうかとも思っておりますね。。。

一部否定的な意見に対する私個人の考え

 ネット上、一部、批判や否定的な意見もよく耳にしますが、これらに対し車屋さんの私個人的な見解としては、まあこれだけ業界中突出した取引き実績数が多いのですから、例えそれがほんの一部でごく少数派であったとしても 目立ってそれは致しかたのない事かと思っております。 100件の取引き中の僅か1件の批判(1%)、それに対し10,000件取引き中の10件の批判(0.1%)。。。 批判の比率としては後者の10件の方がはるかに少ないのですが、ただ根本的な市場取引数がとんでもなく多いゆえ、目立つのはやはりどうしても後者。 まあこれは、それだけ業界歴も長く、かつシェアの高い大御所的買取り屋さんゆえの宿命的ポイントかな。

 それとそもそもどんな会社を見てみても、一つや二つ 必ずと言っていいほど完全ではない部分は存在しているかと思われます。 特に一部の社員に起因するものはそこそこ考えられるのでは?

というわけで、

 というわけで!? やはりは大手、有名有力買取り屋さんだけに、愛車の無料査定・買取り査定をするなら〜 ガリバーの買取りネットワークパワー! ガリバーのインターネット査定もぜひ検討しておきたいところ。

 尚、ガリバーの愛車無料査定は、ガリバー社だけの単体査定依頼ですので〜 複数社からの買取り査定(見積り)を比較するのであれば他の査定見積りサイト等との併用を忘れずに ^^  もしくは主要な一括査定サイトなら、ガリバーはそれら一括査定サイトにもよく加盟している事も多いですので、そういった一括査定サイトをメインとして活用されてみるのも良いかもしれませんね。

 以上、皆様の愛車売却のご参考などになればと。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

Copyright(c) 車買取比較・中古車査定 相場研究所 All Rights Reserved.